金利優遇の年金受け取り口座を開設したほうがいい?

   

年金請求手続きの用紙には 年金受け取り口座を記入する欄があります。老後は収入がなくなるので少しでもお得になる口座で受け取りたい、と思います。年金受け取り口座があると定期預金の金利を優遇してくれる銀行があり、調べてみたらいくつかヒットしました。我が地元の横浜銀行は3ヶ月ものの定期に+0.3%金利上乗せとなるみたいです。あまり身近にない銀行だけど神奈川銀行という銀行が1年ものの定期に+0.5%上乗せしてくれる...

続きを読む
 

「年金の請求手続きのご案内」届く

   

年金事務所に行ったのは何時だったでしょうか。過去記事を調べたら2015年11月14日でした。あれからもう1年と半年以上が過ぎました。夫の62歳の誕生日の3ヶ月前に手続き書類が届くと聞いて、62歳まではまだまだだ、と思っていたのに、月日は早いもので もうその時期になってしまいました。誕生日の3ヶ月前ということでしたが正確には誕生月の3ヶ月前で6月の初めのほうには届いていました。この書類が届いた後、夫は本社に行く日に...

続きを読む
 

「退職日」は重要

   

退職日が1日ずれるだけで、支払う保険料が変わったり、将来受け取れる年金額が変わります。①支払わなければならない保険料(健康保険、介護保険、厚生年金)を払わなくて済むようにするのか、②将来の年金額を増やすのか、どちらを取るのかによりますが、退職日を決めるのは重要になってきます。まずは 保険料(健康保険、介護保険、厚生年金)について、厚生年金や健康保険などの保険料は月単位で払うことになっていますが、加入...

続きを読む
 

年金定期便に記載されている「経過的加算部分」とは?

   

国民年金は基本的に20歳から60歳まで支払って、65歳以降に老齢基礎年金としてもらえるようになります。厚生年金に加入している人は、老齢基礎年金に老齢厚生年金がプラスされてもらえます。(厚生年金に加入している人は、国民年金に相当する部分が定額部分で、それが基礎年金になる)しかし、20歳よりも前に会社員になって厚生年金に加入していた場合と、60歳以降も厚生年金に加入していた場合(480月が上限)は老齢基礎年金とし...

続きを読む
 

年金の繰り下げ受給が急増中らしい

   

年金の繰り下げ受給とは、65歳から受け取れる年金の支給開始を遅らせる制度です。国民年金と厚生年金のどちらも 支給開始を1ヵ月遅らせるごとに 支給額が0・7%増額されます。(最低でも1年以上繰り下げなければ増額はされないそうです)たとえば 1年間遅らせれば 0・7×12=8・4%増え、その増えた金額が死ぬまで続きます。(逆に繰り上げた場合(65歳よりも早く受け取る)1ヶ月0.5%減で、たとえば1年で6%減ってその減額された金額...

続きを読む
 

年金定期便届く 年金額 公開!

   

今朝、ゴミ出しに行った時に郵便受けを見たら、年金定期便が届いていました。まだかまだかと思っていましたが 昨日(7月28日)のうちに届いていたみたいです。内容は 去年届いたものとほとんど同じでしたが、合計額が2円減額されていました。身バレ回避のため細かい金額は隠してあります私は結婚前に7年数ヶ月厚生年金に加入していて、61歳から年額12万7千円ほどの特別支給の老齢厚生年金が受給できることになっています。65歳から...

続きを読む
 

年金請求に必要な書類等

   

夫の場合は62歳から特別支給の老齢厚生年金の受給権が発生します。62歳の誕生日の3ヶ月前に年金請求の手続きのお知らせが届くので、その手続きをしなければなりません。郵便で返送してもいいのですが、不備があると何度も郵送の繰り返しになるかもしれないので、年金事務所に直接行って、担当者と確認しながら書類を完成させたほうが確実で、そのほうが早い場合もあるのだそうです。年金請求に必要な書類を教えてもらってきました...

続きを読む
 

年金事務所に行ってきた

   

先月、夫の年金を問い合わせたあと、(過去記事)「夫の年金 問い合わせてみた」年金事務所に相談の予約を電話でとりました。1ヶ月前から予約可能とのことでしたが、空いていれば1ヶ月前でなくても予約はとれるようです。我が家の住所の管轄は港北年金事務所で、 「新横浜駅」下車 徒歩 15分、または、「新横浜駅」より 鶴見駅西口行き「港北年金事務所入口停留所」下車 徒歩 2分または、駐車場が8台分あって、空いていれば無料...

続きを読む
 

退職した会社の企業年金基金 一時金支払いのお知らせ 届く

   

先日、退職した会社の企業年金基金から 一時金給付通知書が届きましたが、昨日は 提携銀行から、「一時金支払いのお知らせ」が届きました。内容は 企業年金基金名と、送金日と、照会番号と、税額と、振り込み金額と、送金先の銀行名もうひとつ、「退職所得の源泉徴収票・特別徴収票」これは退職した年である平成17年分だそうです。源泉徴収税額と特別徴収税額(市県民税)の合計は約10.57%で、一時金から約10.57%引か...

続きを読む
 

退職した会社の企業年金基金 一時金給付通知書 届く

   

昨日、退職した会社の企業年金基金から 一時金給付通知書が届きました。退職した会社の企業年金基金からの連絡確定給付企業年金の老齢給付金 請求するには戸籍抄本か住民票が必要今月の末くらいに、指定した口座に振り込まれる、という内容。通知をよく見ると、この一時金は 第2標準というものである、ということがわかりました。「旧基金に加入していた人に旧基金の代行部分上乗せ相当額の年金が支給される」 ということらしい...

続きを読む

スポンサーリンク





スポンサーリンク