定年後に働く人の年金 (注意点)

   

定年後に厚生年金に加入しながら働く場合、給料(年収の12分の1)と年金の総額が60歳~64歳  28万 以上65歳~      46万 以上このように一定額を超えると年金がカットされますが、これは老齢厚生年金だけが対象で、老齢基礎年金はカットされません。(加給年金もカットされる対象ではないが、    老齢厚生年金が全額カットとなった場合は、加給年金も支給されない)そしてまた、カットされるのは、厚生年...

続きを読む
 

定年後に働く人の年金 (65歳以後の在職老齢年金)

   

定年後に厚生年金に加入しながら働く場合、60歳から65歳まで支給される特別支給の老齢厚生年金が、総報酬月額相当額と老齢厚生年金の月額の合計が 28万円を超えると年金額の一部や全額がが支給停止されます。定年後に働く人の年金 (特別支給の老齢厚生年金)60歳から65歳まで次は、65歳以降に働く人の老齢年金の計算方法です。・総報酬月額相当額と基本月額の合計が46万円以下の場合は全額支給となる。総報酬月額相...

続きを読む
 

定年後に働く人の年金 (特別支給の老齢厚生年金)60歳から65歳

   

定年後も働く人の特別支給の老齢厚生年金について調べてみました。在職老齢年金の支給停止のしくみについて在職老齢年金~60歳以降働くとき年金は?通常、年金は65歳からですが、昭和60年の法律改正により「特別支給の老齢厚生年金」の制度が設けられ要件を満たしていれば60歳から年齢によって段階的に受け取れます。特別支給の老齢年金とは旧厚生年金保険法による60歳から老齢年金をもらう予定だった人たちに対して、当分の間...

続きを読む

スポンサーリンク





スポンサーリンク