加給年金と振替加算

   

厚生年金保険の被保険者期間が20年以上ある方または中高齢の資格期間の短縮の特例を受ける方が、定額部分支給開始年齢に達した時点で、その方に生計を維持されている対象者がいる場合に支給される。(たとえば65歳未満の妻がいた場合など、(注あり))この加給年金は、妻が65歳に達したら打ち切られますが、次に妻自身の年金に加算されます。このことを振替加算(注あり)という。加給年金も振替加算も届出が必要な場合がある...

続きを読む

スポンサーリンク





スポンサーリンク