気が休まらない土日

    夫がいるから 気が休まらない土日。喋りかけられるとイラつきます。どうせ一歩も動かずに私にアレやれコレやれと言うだけ。それだけならまだいいけど 嫌味とか言ってくるし。憎らしいので また今晩も悪夢を見て夜中に叫ぶかもよ、と言ってやりました。夢を見ながら仕返ししてやる。ここのところの神経痛でイライラもマックスな私です。私の神経痛はくつろいでもイライラしていても苦痛。程よい緊張が苦痛を和らげるけど、土日は全...

    私の神経痛

    この2~3日の神経痛について、わかったことがあります。この神経痛は 以前 罹った帯状疱疹とだいたい同じ場所で、その時もしばらくの間神経痛に悩まされました。今の所、神経痛だけで発疹などは出ていません。昨日はその前の日よりも痛みが弱まったものの、痛みはなくなっていません。腰を傷めた時に ボルタレンテープがよく効いたので、試しに貼ってみましたが効果はありませんでした。次に貼るカイロで温めてみたら、かなり楽...

    神経痛がひどかった

    昨日は一日ゴロゴロしていたわけなんですが、時間がたつうちに神経痛がどんどんひどくなり、あまりの痛さに明日は病院へ行こうと決意したほどでした。今朝になってもまだ痛かったので、病院に行くつもりではいたんですけど・・・しかし、発疹もなにも出ていなくて ただ痛いだけだし、ただ痛いだけだと 帯状疱疹の診断もつかないだろうから病院に行っても無駄足かな?でも痛いから痛み止めだけでも処方してもらったほうがいいかな...

    帯状疱疹 再発?

    帯状疱疹というのは再発するんでしょうか?ブログの過去記事を検索したら、2014年の9月に発症しておりました。皮膚症状などは出ていませんが、わき腹の上から背中のほうにかけてズキンズキンと痛いです。神経痛みたいな痛みでいやな感じです。昨日は右目がズキズキとものもらいみたいに痛かったのですが それはなくなりました。今朝になってわき腹の上のほうが痛かったので、以前罹った帯状疱疹を思い出しました。一度罹ったら2...

    涙を止めさせる葬儀屋さんの従業員

    そういえば先日の友人のお通夜と告別式を執り行った葬儀屋さんのことなんですけど。お通夜は用意された椅子が足りなくなるほど たくさんの人が来ていまして、お焼香の時になると、クロークがない代わりに荷物置き台を設置してくれたのはいいんですが、コートや大きな荷物はここに置いてください、と促されたものの4列に並ばされて、次の4人の人と 今お焼香している人の8人分の荷物を置くわけなのですが、荷物の置き方が悪いと...

    寒さが身にしみる

    以前の住まいは南東だったので、日が昇るのと同時に部屋の中まで陽が入り、特に午前中はカーテンを閉めていないと眩しくて耐えられないほどで、暖房も必要ないくらい暖かでした。ところが 引っ越した住居の向きは南西のため、昼近くならないと陽が当たりませんので 朝は寒いです。今朝、洗濯物を干すためにベランダに出ると、寒くて胸がきゅーと締め付けられるような感じがしました。雑巾で 物干しや窓などを拭くのも、あっとい...

    姉 中古物件を買った

    私には姉が二人いまして(一人は既に他界)年齢が近いほうの姉が 最近引越しました。偶然にも 同じくらいの時期に引っ越したので、その後の調子はどうかなぁ?と思い電話してみたのです。無事に引越しは済んだ、とのことでした。ついでに、今度の住まいはどんな感じ?家賃はどのくらい?と聞き出したら、なんと、築30年の中古の一軒家を買った、と。今までの住まいは 賃貸の一軒家で築年数はわからないけど、すごく古くて倒れ...

    悪夢にうなされた

    夜中に悪夢にうなされ、大声でさけんでしまいました。夫に起こされましたが、起こされる前に自分で自分の大声に驚き目覚めました。こんなに大声でうなされた私を見たのは初めてだそうで、何の夢を見たのか聞きたがりましたが、自分でも あまり憶えてなくて、憶えているのは、夢で叫んだ相手は夫、というだけ。(それは内緒にしました)夢の中でそうとう怒ったのだと思いますが。夜中に大声を出してしまって、ご近所さんにも申し訳...

    取り残されてしまった という気持ち

    今朝 目覚めた時、昨日とおとといのことが夢だったらいいな、と思ったけど・・・やっぱり違ったみたいで。友人は新しい世界に飛び込んでいって、またしても私は取り残されてしまった、という気持ちがよみがえってきた。同じ中学から高校へと行った友人と私。置いてけぼりにならないように必死でついて行ったけど、無理なことも多かった。その友人は優しかったから私を置いていかないように誘ってくれたけど、マイナス思考の私がつ...

    友人のお見送り

    先日 亡くなった友人のお通夜と告別式に行ってきました。病気のことなど何も知らなかったので突然のお別れとなってしまい、ショックが大きかったわけですが、そこに集まった多くの同級生から聞いた話では、誰も病気のことは知らされていなくて、ほとんどの人たちが信じられないと驚いていました。人の心配はするけれど、自分の心配はさせない人だった。その子らしいね・・・・でも、病気になっちゃったら なかなか人には言えない...