みるみる顔色が変わっていく夫 車のことになると怒り出す

昨日の夫帰宅後、夕飯を済ませてのんびりしているところに、自動車保険について話し始めました。

支払い関係は全て私に丸投げするくせに、車に関しては黙っていられない事は承知しているので、一応、今年の自動車保険は、車も古いことだし乗る頻度も減ったし、車両保険は外したらどうだろうか、ということを提案しました。

a0960_008189.jpg

話始めの「自動車・・・」から目を見開きました。私もひるんだら負けそうなので平静をよそおったまま続けましたが、どんどん夫の顔色が変化していくのが苦痛でした。

やっぱりか・・・やっぱりダメだよね・・・と思いながらも、「事故があった時のための保険だろ?車の修理はどうするんだよ」という夫の質問に必死に答えました。

修理に50万もかかるのだったら廃車にしよう、10万~20万程度の修理なら保険を使わずに支払おう、と。

保険を使って修理すれば、翌年からの等級が3等級下がる。飛来物などの避けられない事故でも1等級は下がる。

保険の等級が下がれば次年度からの保険料がグンとあがり、それがずっと続くので逆に出費が増えるのだ、と。

「じゃぁそのようにすればいい」という あっけない夫の返答を聞いて冷や汗をかきました。

(その返答は本心じゃないのだ、どうする?私。あの顔色は怒ってるよ。大事な車に保険をかける、ということは車にたいする愛情の現われだ、それで機嫌が良くなるのなら月600円は安いもんだ。そのお金は無駄じゃないのだ。)一瞬で私の心の中で答えが出ました。

でも、車両保険を付けることにしよう、とはまだ言っていません。

もうちょっとお互いの気持ちが固まるまで、冷静になるまで保留にしておきます。まだ1ヶ月あるし。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事