近頃の車のローン、調べてみました。

    「残クレ」とかいう残価設定ローンの支払い方については、全く知識がありませんでした。

    a0960_007301.jpg


    調べてみると カーリースに似ているな、と思いました。カーリースも残価設定というのがあって、新車の価格から下取りの価格を引いた金額が支払額になって何年契約かで料金が変わります。リース期間が終了したら買い取るか返却するか、再契約するかになります。

    カーリースは保険も自動車税も車検代も払う必要がない分、1か月分の料金が高く、結局は自分で車をローンを組んで買ったほうが割安かな?という印象でした。

    残クレは維持費は自分で払わなければならないので、カーリースに比べたら月々の支払額は多少少なくなります。


    ですが、どちらも 契約終了時点での車の状態によっては買い取ったほうがいいことになるかもしれない。

    (車の傷やら内部の汚れやらを細かく見られ、残価設定した金額よりも査定が低くなるほどの状態だったらその分の支払いが必要になるかもしれない。)

    だったら普通に買ったほうがよかった、と後悔することになるかもしれない、と思うと、そのようなローンにはとてもじゃないけど踏み切れません。車に傷がつくことに必要以上に神経を使うことにもなりそうだし。


    ふつうの車のローンで新車を買えば月々3~5万の支払いは免れないでしょう。

    中古車を買うとしてもけっこう高いし、たとえ安い中古車を買えたところで満足するような人間ではありません。


    現在は車の支払いはないけれども、車の維持費に年間約27万(駐車場168000円・自動車税58600円・自動車保険4万)
    これにガソリン代(燃費悪い)が必要です。

    メンテナンス費用も(オイル交換も高いし、電気も切れれば安くはないし、タイヤも1本が25000円もするし、バッテリーも3万近い)やたらお金がかかります。

    車検は諸費用7万数千円、車検費用が何も無ければ11万ほど。(最低限の部品交換含む)合計で18万

    タイヤやバッテリー交換がなかったとして、年間の維持費は36万(車検費を2で割っています)+ガソリン代

    月々にしたら3万円もかかっています。(しつこいようですがガソリン代が入ってません)燃費6㌔/ℓです。

    車を買い替えたら、自動車税や重量税が少し下がります。ガソリン代も減りますね。


    ですが、これらに加えて車のローンなんか払えません。

    車を買い替えたい気持ちはわかるけど無い袖は振れない。払うお金がなければ買いようがないんです。

    もしも車を手放したら そうとうな節約になります。老後はその分生き延びれます。

    来年に迫っている定年までに、少しずつ車を手放すという方向に誘導していきたいと思います。

    幸いなことに レンタカー屋さんもカーシェアリングのステーションもそれほど遠くない場所にあります。

    車が必要な時だけ借りる、というのは底辺に生きる人間のためにあるような気がします。


    とりあえず、最後の車検に出して壊れるまで今の車に乗ることにする。

    車検前に修理が必要だったら修理する。(3~40万かかっても買うよりは安い)、というところに落ち着きそうな気がします。

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    関連記事
     
    Posted by