「ボケたくないなら筋トレをやりなさい」 という本

筋力低下は死に繋がる!老化防止に大事なのは筋肉だった、という記事と、筋肉を鍛えるほど脳は活性化するという記事。

古い記事ですが今筋トレをやっている私にとっては タイムリーな記事でした。

特に老化防止に関して筋トレはとても重要なことのようです。

「筋肉は脳に直結している」→筋肉は体を動かす、ということだけにとどまらず、内蔵や血管などの動きにも関与している、そして、筋肉は神経を介して脳とつながっている、というのだから聞き流すわけにはいきません。

年をとったら ぼーっとせず筋肉を鍛えましょう。筋肉を鍛えないと脳にも影響してしまいます。

そこで、以下のような本をみつけました。

ボケたくないなら筋トレをやりなさい 脳が蘇る本山式筋力トレーニング

新品価格
¥10,000から
(2017/8/29 11:09時点)




「著者は本山輝幸氏
総合能力研究所代表。第24代ミスター神奈川ボディビル・チャンピオン。厚生労働省・認知症予防プロジェクト研究員として、筋力トレーニングが脳の認知機能向上に与える役割を研究。現在は筑波大学付属病院、お茶の水オリーブクリニック(東京医科歯科大学連携施設)等で、認知症予防を目的とする運動指導に当たる。 」

そこで、「本山式筋トレ」を調べてみると、以前テレビでも放送されたそうですね。


筋トレで認知症が治る?!本山式筋トレの驚くべき効果NEVERまとめ

これはやるしかないでしょう。

開脚スクワット←毎日やってますよー。

お湯が沸くまで とか、電子レンジでご飯を温めている間 とか、少しの合間に気軽にできますよ。

それと 開脚しながらの腕と膝の押し相撲みたいなのがいいんですね。


私たちはただ年をとるのではなくて、自分の体は自分で何とかする、というふうに頑張らなければいけませんよね。

誰かに面倒をみてもらう気満々だと、誰かを困らせることになります。

介護業界も限界にきている昨今、これからの人は老後に向けて世の中が困らないように努力するということが社会貢献につながるのではないでしょうか。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事


  • このエントリーのカテゴリ: 健康