はまぽん

    はまぽん

    昨日、診察に行った時に、近くでお話されていた患者さんの話が耳に入ってきました。

    その患者さんは 他の病院で大腸内視鏡検査を受けたのだけれども、切除したほうがいいポリープがあったのだけど そこでは切除できなくて、この病院に来たらしいのです。


    大腸ポリープは大きかったり数が多かったりすると、切除後に1泊~2泊入院して様子を見なければならないために入院施設がない病院では対処できない、ということなのではないかと思います。

    大腸内視鏡検査を受ける前には、ポリープがあった場合には切除するという事と、もしかすると入院する必要があるという事の承諾書みたいなのがあって、その書類にサインをします。

    そういった準備ができていれば、検査をしながら手術(ポリープ切除)できて、大きかったり数が多かった場合は入院もできます。

    一度の検査で一通りのことが終わるので、身体の負担も少なくて済みます。

    2リットルの大腸洗浄液を飲むのも1度で済みますしね。


    ポリープがひとつも無いという場合は何も心配いりませんが、これは検査してみなければわからないわけです。

    検査がとても上手な開業医さんもいらっしゃいますが、そこに入院施設がないと切除できないポリープがあった場合は別の病院を紹介されることになります。

    (追記、入院施設があっても大腸ポリープが大きいと切除ができないクリニックもあるようですので、事前に調べたほうがいいですね)


    そういうわけなので、大腸内視鏡検査を受ける場合は入院施設がある病院、大きいポリープでも切除ができる医師がいる病院を選んだほうが合理的である、ということですね。

    そしてまた、大きな病院もいいけど、そこにあまり上手じゃないお医者さんがいたら苦しい思いをすることになるかもしれません。まぁでも、お医者さんは誰でも最初から上手っていうわけじゃないですので、そのへんのところは仕方ないと我慢できるのであれば気にしなくてもいいですが、できたら上手な先生にやってもらいたいもんですよね。

    クリニックのHPを見れば手術件数や検査件数が載っていますので参考にしたらいいと思います。

    ちなみに私がかかったクリニックの先生は日本大腸肛門病学会の専門医として認定され、指導医にもなっておられますので安心なのではないかと思われます。(これは後から知ったことでありますが)

    そしてもしも入院しなければならなかった場合、高額な差額室料をボッたくらない病院がいいですね。今は個室しか空きが無いと言って、説明もほとんどなく同意書にサインをさせるような病院はやばいです。無料の部屋をお願いします、とはっきり言っておきましょう。(納得ができる説明があって同意できるのなら問題はありませんが)

    (追記、私がかかったクリニック、もしも大きなポリープや悪性の大腸ガンが発見されて対処できない場合は、信頼できる施設に紹介します、となっています。この場合は仕方ない転院なのかなぁ、と思いますが。)

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

     
    関連記事
     
    Posted by