木曜日に夫は退院してきました。退院後はとくに生活に支障になることはなく、薬を忘れずに飲んで、塩分に気をつける程度で済んでいます。今週末まで休みをとってあるので 来週からは通常どおり仕事に行く予定です。

    夫が在宅だと私は忙しくて、パソコンを開く自由すらありません。今週はいろいろと疲れました。

    今日は 現場へ持っていくものがある、ということで夫は出かけましたので少しの間羽がのばせます。


    今回の入院手術にかかった費用ですが、全部で約11万円でした。

    限度額認定証があったので 自己負担分だけの支払いで済みました。

    医療費が8万6千円くらいと、室料差額が税込みで21600円、食事代が2520円でした。

    (全額だと84万くらい、限度額認定証がなければ一時的に支払う金額は25万くらいでしょうか)



    入院したのは大学病院なのですが、入院手続きをする際に入院セットというものを申し込むかどうかの選択があります。この入院セットというのは寝巻きとタオルなどのセットをレンタルするというものです。

    こちらの病院では自分でパジャマを持参してもいいんですが、家族の負担を軽減したり、入院時の荷物を減らすことができるということで、持参かレンタルかを選べるんですね。

    私が入院していたとしたら迷わずレンタルを選びますが、夫本人が自分のパジャマをもって行きたいと希望したのでレンタルしませんでした。

    ですので、パジャマやバスタオルなどの荷物が増えて、大きなボストンバッグになったわけなんですけど。

    nyuuinnset.jpg

    この入院セットは何種類かありまして、寝巻きとタオルのセットが基本で それに日用品がプラスされたもの、更にオムツ類がプラスされたものが選べて、料金は最低で(寝巻きとタオル)391円×日数~1111円×日数となっています。

    もしも私がレンタルするとしたら、391円×入院日数というのを申し込むことになるかと思います。

    そしてこれは、病院の支払いとは別の計算で支払い窓口も別になります。

    今回は3泊4日の入院だったので、もしも申し込んでいたなら、3日分の料金を支払うことになります。

    3日分税込みで1173円なので それほどの負担にはなりませんが、後でへ~?という思いになりました。


    それというのも、夫の話では、

    入院してから自分のパジャマに着替えて初日は過ごし、その日にシャワー入浴があったと。

    風呂場には「ご自由にお使いください」と書かれたタオルが置いてあり、タオルは使い放題だった、と。

    その後に検査に行く時のために病衣をわたされて着替えるように指示された。

    検査室に入ると全裸(下着も全て)にさせられてタオルをかけられる。検査時手術時も同じ。

    検査や手術が終わると 病衣をまた着させられて病室に戻り、心電図やら点滴をしたままなので自分のパジャマに着替えることもない。

    カテーテル検査や手術をした日は入浴できないので、ずっと退院するまでその病衣を着たままで自分のパジャマを着ることはなかった。

    ナースステーションには 温かいおしぼりが置いてあって、いつでも使って良いと言われたそうで、さっぱりとしたい時にはいつでもおしぼりが使えたそうです。

    まぁそういったサービスは お部屋代を払っているからこそのサービスかな?と思うんですが。

    それにしても、パジャマもタオルもほとんど使わない状態なのに、入院セットを申し込んだら損した気分になるよな、と夫。

    たしかに そんな気分に私もなりました。これって入院してみないとわからないことなんですよね。入院セットを申し込んだ人はどんな気分だったでしょうね。

    デイルーム(休憩場所)に行ってみると、レンタルパジャマの上に検査の時に渡された病衣を重ね着した人を見ました。

    パジャマの重ね着をしないと レンタルしたパジャマがもったいないと思ったんでしょうかね。

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    関連記事
     
    Posted by