昨日はピロリ菌除菌後の胃の治療に通っているクリニックに薬がなくなったので行ってきました。前回行った時から1ヶ月が経過し、胸焼けは解消されましたが胃痛はまだ少しじわじわと残っています。
    今回は前回の薬に加えて漢方の安中散が処方されました。毎食前飲まなきゃならないのでちょっとめんどくさいけど早く治ったらいいなと思うのでがんばります。(この漢方薬は苦いのかと思ったら薄あまくて飲みやすい薬でした)

    教材も届き ついに介護職員初任者研修が始まるんですが、その前にやっておかなくてはならないことがあり買い物にも行ってきました。普段ほとんど歩かないから駅まで往復バスに乗らずに歩こうと決めて歩き出したら5分で疲れてしまい、いつものようにバスに乗ればよかったと後悔。それでもなんとか頑張って歩きましたが、歩くってことは自分にとっては高いハードルです。

    買い物でうろちょろ歩き回るのとは違って、しっかり早めに歩くというのはかなりの修行です。これが毎日できる人ってすごいなぁと尊敬します。走る人は尊敬どころではなく崇めますよ。
    昨日、必死になって往復歩いたので今朝は腰がいつもより痛かったです。

    研修で必要なものはエプロンで、自分が持っているエプロンではダメなので新たに買わなければいけませんでした。
    エプロンは黒や紺など濃い色や派手なもの、柄物は避け、汚れたらすぐに取り替えられるよう、汚れがわかりやすい淡い色のものをご準備ください」と案内に書いてありました。

    エプロンの胸の左上には白い布に名前を書いて縫い付けなければいけないので名前用のゼッケンみたいなのも買いました。100均に売っているゼッケンはアイロン接着ができるものでしたが、今後エプロンを使うことがあればアイロンで接着すると剝がした跡が残って汚くなるかも?と思ったので、やっぱり縫い付けました。教室に通うのもちょっと手間がかかりますね。

    服装についても細かな注意がありました。
    ジーンズ・短パン・スカートや露出が多いもの、サンダル・ヒール・ブーツはダメ。アクセサリーや時計もはずす。髪の毛もまとめる。
    介護職としてふさわしい服装を学ぶことも資格取得の学びの一環なのだそうです。(なるほど)

    準備をするうちに自分の気持ちがだんだんお仕事モードになっていくような気がしました。
    教室に通うんだからまだ仕事ではないしっていう甘い気持ちだったのが、案内を読んでいくうちにそんな甘ったるい気持ちで勉強したらいけないんだなという気持ちになりました。

    そもそも私はこの研修を受けるにあたっては受け身であり、能動的に動いたわけではないので余計に甘っちょろい気持ちだったんですよね。仕方ないからやるか・・・、みたいな。

    でも いざやるとなったらしっかり動かなければいけないなと反省しました。
    気持ちと体がアンバランスで大丈夫かと思うけど頑張らなきゃと思います。
    これから週3回の通学と自宅学習で8月の初旬で終了になります。2ヵ月と1週間くらいです。

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    関連記事
     
    Posted by