ただいま介護職員初任者研修の資格を取るべく、自宅学習と通学で勉強していますが、自宅学習の3回目の課題の提出を終え一息ついているところです。
    残すはあと5回の通学と最後の日のテスト。課題の点数が基準点に達していなければ再提出。そして3回の課題が基準点に達していなければ修了試験は受けられない上、課題に点数をつけられて戻ってくるのに10日以上かかるので、研修が終了するまでハラハラは続きます。
    最後の日にテストを受け、合否は後日郵送連絡。不合格なら再受験となります。

    今回の研修場所は古い貸しビルの5階。窓が四方にある日当たりが良すぎる部屋で、暑い日は冷房があまり効かない状態でした。
    それでも座って学習する日はなんとか我慢できました。しかし実技演習になると体力が必要な場面が続き 暑さとの戦いです。
    帰宅後はぐったりして、熱っぽいので熱があるんじゃないかと思い体温計で測ったら逆に体温が低すぎで35度台。頭痛はするし腰は痛いし疲れすぎて参りました。
    研修を受けるなら、過ごしやすい季節のほうがいいんだなと思いました。
    安い費用で受けられるのは、場所代が安いから?と思ってしまいましたよ。
    (トイレなんかボロい和式便所が一つあるだけで、休憩中には並ばなきゃならないんです。)
    研修は早く終わりたいけど無事に最後まで体力がもつのかと不安になります。
    今までゆるゆるで暮らしてきたツケがここへきてまわってきてしまいました。

    同じ教室で研修を受けている人で、腰痛の人が何人かいるんですけども、実技演習をしながらつい出てきてしまう言葉が「私にこの仕事が続けられるんだろうか」、という言葉。
    介護者や利用者の負担を軽くするような技術を身に付けたとしても、やはり体力勝負です。すでに体力が衰え始めた年齢の腰痛もちにとっては今後も「私にこの仕事が続けられるんだろうか」と自問自答することになると思います。
    が、研修だけで終わるなんて意味がないし、できるところまではやりたいという希望はありますので頑張るつもりです。

    研修はあと少しで終わります。本当は終了してからが勝負なんですけど、今はこの研修をなんとか無事に終了したいという気持ちだけで精一杯。
    暑い夏と怖いセミに耐える日々。早くホッとしたいです。

    (台風が近づいています。みなさんどうか気をつけてください。)

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    関連記事
     
    Posted by