息子の就活 2回目の面接は失敗だったらしい

息子は昨日 2度目の面接でしたが、

帰宅後、面接がうまくいかなかったことを悔しがっていました。


昨日の面接は、面接官の質問攻めに瞬時に返答ができず、

終始一方的な質問だけに終わったと。

質問に答えるために、少し考えていると、

すぐに次の質問になって 答える暇がないという・・・


答えるのを待たずに次の質問になるということは、

返答はどうでもよくて、瞬時に答えられるかそうでないかをテストしている?ということなんでしょうか。

頭の回転が早い人間を求めている?

それとも、最初っから採用する気がなくて、さっさとやることやって終わらせようとした?

まぁ どっちにしろご縁がなかったということなのかな。


息子にしてみれば、本命だっただけに気落ちと後悔が入り混じっているようでした。

しかし、気落ちしていたのも ほんの束の間。

息子は、親が思っている以上に逞しく、

もう次へ向けて頑張りはじめていました。


この前、そのジャンルはあきらめたほうがいい、と面接担当の人に言われましたが

その後も決してあきらめることなく、再度、同じ作業に時間をかけて作品をつくっていました。

そんな前向きな息子を見て、へこたれずに頑張れ!と、応援するしかないな、

私のマイナスな思考は息子に受け継がれていなくてよかった、と思うのでした。


本日、昨日に続き、3回目の面接です。

予定している面接は、いまのところ これだけです。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事