ドコモ新料金プラン「カケホーダイライト」の落とし穴

ドコモの新料金プラン「カケホーダイライト」

ドコモからのお知らせ 「カケホーダイライトプラン」を提供開始

2015年9月25日(金曜)から月額1,700円で5分以内の国内音声通話を回数の制限なく利用できる。
通話時間が5分を超過した場合、超過した通話時間につき30秒ごとに20円の通話料がかかる。
「ファミリー割引」に加入の場合、家族間通話は通話時間が5分を超過した場合であっても無料。


しかし、このプランはXi(LTE)で対象となる「パケットパック」5GB以上(データMパック5000円)を契約していないとダメ。

カケホーダイライト



ですので、最低料金は7000円となります。
(割引キャンペーンが適用される場合は、350円~1350円の割引がある)

もともとデータSパック(3500円)で契約している人が、カケホーダイライトにするためにデータMパックに変更すると、

逆に500円高くなってしまうらしいです。(2700 + 300 + 3500 = 6500円 → 1700 + 300 + 5000 = 7000円)


それに、ガラケーではライトプランは対象にはなりません。・・・ということですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事


  • このエントリーのカテゴリ: 日記