片付け始めたら 返って大変なことに

先日、ガスコンロのスイッチ部分が壊れたり、浴槽の排水の穴の枠が割れたりしたので、

マンションの管理会社に電話をし、修理に来てもらうことになりました。

実は 昨日やったお風呂掃除も修理に来てもらうこともあって 掃除をしようと思ったわけでして、

切羽詰らないと掃除もできない自分が情けなく思います。

今日は ガスコンロはもちろん、台所周辺も片付け始めました。


ガスコンロまでは良かった。

油汚れも洗えばきれいになります。

ところが、台所周辺はもうダメダメです。片付けようと思ったのに、返って とっちらかってしまいました。


これどうすんの?自問自答です。

いらないものが後から後から出てきて ゴミとなるものがすごい量。

消費期限切れのものもたくさん出てきて、もったいないこと。


とりあえず、修理の人から見えるところはきれいになったので、よしとするけど、

周辺は今日1日だけでは無理です。とっちらかったのを途中でやめて 、また戸棚などに押し込んで・・・・・

これでまた何十年もあっという間なんだろうな、なんて考えてしまいました。


どんどん捨てなければ どうにもならないのに簡単には捨てられない貧乏性。

次回 買わなくて済むんだから、と思うと、やっぱり捨てられません。


どうしよう。


断捨離上手な人のブログを覗いてみたけど、ちょっとびっくり。ゴミ箱が2万以上もしてるぅ!

いやいや、今自分に必要なのは ゴミ箱じゃないんだ。断捨離の精神なんだと言い聞かせ、

あちこち覗いてみましたけど、なんだかピンとこない。きれいなお部屋に憧れはするけれど。


やはりね、何か超えようとしなければならない時は、自分に問いかけるしかないんですね。


もったいないから?また買うかもしれないから?貧乏だから?

もったいなくても、戸棚の奥に入りこんでて、この十年使うことはなかった。あることすら忘れていたんだから。


やっぱり 捨てよう。 捨てるしかない。 とにかく捨てよう、そう思うことにしました。




スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事


  • このエントリーのカテゴリ: 日記