最近の楽天モバイルのCMで、カケホーダイという言葉を使って宣伝していたので、

    どんな内容なのか調べてみました。

    楽天はMVNO(ドコモ回線)を扱っていて、そのMVNOのsimに音声通話をプラスしたものに

    カケホーダイオプションをつけます。

    データ通信(525円から2380円)+音声通話(700円から725円)+カケホーダイオプション(850円)
     
    それと、端末料金は別です。

    端末であるスマホは楽天カードがあれば分割で買えるらしいです。

    simフリースマホを分割で買えるというのはいいと思います。


    楽天のカケホーダイに話を 戻すと、こちらは5分間何度でもかけ放題ということで、5分以上通話した分は

    30秒10円の料金が加算されていきます。

    5分以上話したい場合は5分ごとにかけなおせば何度でもオッケーなんですね。

    でもめんどくさいし、かけなおすのを忘れたらアウトですね。

    ふつうの携帯の通話料金は30秒20円なので、それに比べると半額なので安いです。

    たぶん、楽天でんわを使うことになっているのだと思われますが、

    楽天でんわに登録すれば誰でもふつうに半額の料金で電話ができます。


    データ通信simに音声通話をつけて+700円、それにカケホーダイが+850円で、合わせると 1550円。

    ドコモやauなどの携帯のカケホーダイの2200円と比べると650円安いけど微妙な感じがします。

    5分以内の電話しかしないという人にはいいですけど、長電話をしてしまいそうな人には不都合です。

    とうとう楽天がやってくれちゃったか! と ぬか喜びしたんですけど、ちょっと残念なカケホーダイでしたね。


    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

     
    関連記事
     
    Posted by