タクシーに乗る幽霊

今朝、震災後の幽霊現象をテーマに卒論を書いたという学生さんの話題のニュースに耳を傾けました。

幽霊とかの類いの話にはめっぽう弱い私ですが、

ひとつひとつの話を聞けば、怖い、なんて そんな言葉では片付けられませんでした。


学生さんは 震災後にタクシーの運転手さんに不思議な体験を聞いてまとめたらしいのですが、

その話はリアリティのある霊体験だったそうな。

運転手さんたちは怖がっているような感じではなく、

「むしろ幽霊に畏敬の念を持ち、大切な思い出としているのが印象的だった」 とのことです。




自分が死んでしまったことさえ よくわからい人もいたでしょう。

肉親と離れ離れになって どうしていいか わからない子供さんもいたでしょう。


確かにその日まであったはずの命と心が そこに残っていたとしても不思議ではないような気がします。



どうか心やすらかに眠ってください。お祈りします。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事


  • このエントリーのカテゴリ: 日記