よっぽど悔しいらしい

昨夜も夜中に私の叫び声がしたという。

本人である私は全然気づきませんでした。前回は自分の声に驚いて目を覚ましたけれど。

自分の人生には 既に諦めがついているはずだけど、よっぽど悔しいみたいです。


できることならやり直したい。でもそれは無理。

無理なんだから 前を向いて生きていくしかないのに、無意識に眠っている間に悔しがってしまっている自分。

夜中に叫んだからか どうなのかわからないけど、今日はすごく疲れています。

花粉症の症状もひどくなっていて辛いです。



話は変わりますが、

息子に結婚式の披露宴の招待状が届きました。

趣味の仲間の一人が結婚するのだそうです。

その日に何を着ていくのか?という話になりました。

若い男性の結婚式の服装は、

最近だと黒いスーツではなくて、パーティー用のちょっと華やかなスーツらしいんですね。

そのようなスーツは持ち合わせていないので、昔々の成人式の時に買ったスーツを着てみたら、ウエストがきつくなっていました。

気づかないうちに こんなになっちゃって(笑)

これでいいんなら私がズボンのウエストを少し伸ばしてあげるけど・・・、と言いましたが。

もしかしたら買うかも、って言っていました。

女性もそうだけど、お呼ばれ服というのは、そう何度も着るものではないので選ぶのが難しいですね。

体型も年齢に伴って変化してしまうし。

着るか着ないかわかりませんが、ウエストが小さくなってしまったズボン、修繕したいと思います。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事


  • このエントリーのカテゴリ: 日記