メガネ屋さんに修理に行ってきた息子は、元どおりになったメガネに満足して、

    度が合わなくなったから新しくすると言っていたけど、このまま使い続けるんだそうです。


    レンズが外れて ボンドとセロテープで固定していた時は 妙にボロっちく感じたけど

    修復後はなんだか新品のようにきれいになった、と喜んでいました。


    さすが メガネ屋さん、プロのお仕事ですね。

    私が最初に瞬間接着剤を塗って失敗して、とれなくなってしまった箇所もきれいになっていました。

    瞬間接着剤でくっつかなかったので、乾くまでに時間がかかるボンドを塗ったのですが、その塗り跡もきれいに。

    そして 私が、取ってはいけないのに 取ってしまった部品を持って行ったら、それもしっかりくっつけてくれたようです。


    息子がメガネ屋さんで言われたことは、1年に1回は糸を交換に来てください、ということ。

    いつ買ったか忘れましたが、最低でも2年は経っています。

    もう片方の切れていないほうの糸も一緒に交換してくれました。無料で直してくれた、とのことです。

    無料という言葉に弱い親子は、「よかったねー、ばんざーい!」で 締めました。

    zerogra.jpg

    (ちなみに眼鏡市場のゼログラです)


    息子のメガネのレンズが外れて悪戦苦闘


    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    関連記事
     
    Posted by