夫の母である姑が亡くなってから 早3年、姑からお金を吸い取られなくなり 老後のために蓄えようとして頑張っていました。

    頑張っていた矢先 夫の給料が下がり、家賃が安い賃貸に引越しするも 引っ越すためにお金がかかり、

    まだ元が取れていない、という今日この頃。

    来ました。

    もしやもしや・・・と、恐れていたことが

    とうとう来たのです。

    「扶養援助のお願い」と題するお手紙が、

    夫の兄である フーテンの兄貴の扶養援助です。


    もうとっくに定年になっていて、なんとか生活していたみたいなので、年金でやっていけるのかと思っていました。

    しかし、そうではなかったんですね。

    楽しそうに女の人と暮らしていたんですけど捨てられたのかな、また。

    でもまさか女の人に食べさせてもらっていたわけではないと思いますけど。

    一緒に暮らしていながら生活援助っていうのもアレだなぁ・・・


    夫、どうするんだろう。少しでも仕送りすることになるんだろうか。

    プライド高き男、兄貴のことが好きな弟、どうするんだろう?

    わー ショックだー

    DSC_0172.jpg


    兄貴からの連絡

    「扶養援助のお願い」 夫の回答

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    関連記事
     
    Posted by