夢見ておいおい泣いた 働くのをやめた理由を思い出した

母の日のきょう、嫌な夢を見てしまいました。声を出して泣いていて、目を覚ましたら朝の5時半でした。


夢を見た私は夢の中でこう考えていました。

「私はろくでもない男と結婚してしまった。お金を貯めても意味が無い、働いても意味が無い。こんな男と早く別れればよかった」

そう思いながら目覚めました。

あきらめようとしても忘れようとしても どうしても忘れられない あの頃の気持ち。

entry_img_789.jpg

夢の中でも私の夫は、私にウソを言ってお金を出させて使い込み、あっという間に貯金をなくしてしまった。

私は何度も夫に騙され続けてお金を渡す。お金が戻ってくることを信じて繰り返しお金を渡す。

ところが戻ってきたことはほとんどない。それなのにいつも信じて疑わない。やっぱり私は懲りないんだな。息子が懲りないのと同じだ。

夢の中で夫に言った。「この20万を貯めるために どれだけ頑張ったと思ってるのか。」

夫は黙ってうなだれていた。どうしようもない様子で。

そして私はおいおい泣いた。



そうだった。いくら頑張ってお金を貯めても無駄だった。必死で働いたって結局は何も残らないんだ。これからもずっと。

働く気力を失くした頃の気持ちがよみがえってきてしまった。

この年になったら 子供は成長してお金がかからなくなり、あとは自分のために働いて自分のためにお金を使いたい。

だけど、自分のためにお金を使うなんて夢のまた夢。

誰のために節約するのか なんのために貯金をするのか。どうせ残らないのに。



将来 子供に迷惑がかからないようにするためなんだから仕方ない。そう思って耐えるしかない。

今のところ、これが私の目標なのだから。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事