冷え切ってはいるけど「情」は ある

息子の帰宅を待っていたら寝るのが遅くなってしまい、翌朝寝坊してしまいました。

昨日の朝のこと、アラームを消した記憶もなく、いつもより1時間も遅く、あわてて飛び起きました。

夫は既に起きていて、普通ならいつまでも寝ている私を起こすのだけど、起こしませんでした。

急いでお湯を沸かしコーヒーを入れて 朝食をつくろうとしたら、食べる時間はもうないから食べずに出る、と。

それなら、「飴を持って行って。途中でパンかおにぎりでも買って食べてね。その後に薬を飲んだほうがいいよ」と私が言ったにもかかわらず、すぐさま薬を飲んじゃったのです。

夫の薬は糖尿なので血糖値を下げる薬。ご飯も食べずに薬を飲んだら低血糖を起こしてしまうんじゃないかと心配になったので、一口でもいいから朝食を食べて行ってほしいと思ったんですが、そのまま出勤してしまいました。

1日に朝1回だけ飲む薬、朝 食べなかったからって極端に心配することはないのかもしれないけど、

もしも電車の中で気分が悪くなってしまったら、周りに迷惑もかかるし、朝の通勤電車が混乱するかもしれない。

そうなったときのことが心配になって仕方がなかったです。

この前、医師に食事制限するように言われたことを気にしているんだろうか。

だけど、朝食を抜くなんてことは夫にはできないはず。どこかでパンでもかじってくれたらいいんだけど、と。



昨日、無事に帰宅しました。

電車の中で気分が悪くなるようなことはなく、電車を降りてから会社に着く前にサンドイッチを買って食べたそうです。



元気で留守がいいし、憎らしいと思うことが多い夫だけど、一応、「情」みたいなものはあるんです。

辛いことがあったら かわいそうだな、何とかしてあげたいな、という気持ちもあるし、よく働くので その働き方には尊敬もしています。

ムカついてばかりいる中の ほんの少しの「情」、愛はとっくに冷え切っているので愛情の「情」ではないと思う。

ha-to.jpg

なんだろう?この「情」っていうのは。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事