冷房って 何かヤバイものを使ってるんじゃなですか?(気にしすぎ君風に)

早く夏が終わってほしい。

冷房にも身体がついていけません。もう疲れた。

夫がお盆休みの間は24時間冷房中だったけど、なんとか我慢できていたのに今ではもう耐えられません。

出勤時間が今日はいつもより1時間も遅くて、早く出かけてほしいな、と思ってるところに「お茶」って言われてイラッとしてしまいました。

休み中に我慢できていたのは気が張っていたからなのか何なのか。また明日からは土日で休みですよ。

冷房の寒さに耐えるのって、冬とは違いますね。

某テレビ番組に出てくる 気にしすぎ君が思い浮かんできてしまいました。

「あのぅ 気にしすぎかもしれませんけどぉ、冷房って 何かヤバイものを使ってるんじゃなですか?」

きっとそんなことはないんでしょうけど、冷房は身体にやさしくないなぁ、と思います。

今日は体調が悪いです。

ha0.jpg


ところで、

高畑さんの会見みました。

同じ息子を持つ母親として、見ていて身につまされるような気がしました。

印象に残った言葉は「危ういと感じていた」「彼の甘さ」「ここまで愚かだとは思わなかった」「贖罪」

自分たちのことを「商品」と表現していましたが、「商品」としてなら売ってはいけないものを売ってしまったのかしら。

人間として売り出したなら、失敗や挫折、生き様をすべて隠さずに見せろってことなんでしょうかね。

(なんかちょっと「贖罪」がお芝居の宣伝になったような気がしないでもないけど、損害賠償は億単位だそうです。気の毒だなぁ)


しかし、理性に欠けるってのは愚かというよりも、何か別の問題があるようにも思えます。

懲りない人間っていうのは繰り返しますので今後も気をつけないといけません。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事


  • このエントリーのカテゴリ: 日記