rougan.jpg

    昨日、息子の帆布バッグが汚れてると言うので洗濯しました。

    洗濯したついでに 擦り切れて穴が開いたところを補修していたところ、

    いつものように老眼鏡をかけて作業していたんですが 目がおかしいな、と感じました。

    目がかすむし、焦点も合っていないけど、やや手さぐり状態で補修しました。

    途中、針で指を数回刺して痛い思いをしました。

    メガネが合わなくなってきたのか、それとも白内障とか?もっと悪い目の病気だったら怖い。

    目のせいもあって めまいもするような気がする。なんだかおかしい自分。

    こうしてパソコンに字を打ち込んでるけど、ぼやーっとしています。

    ちょっと寝てみようかな、寝たら治るような気がします。


    寝ようかと思ったけど、「目」で思い出したことがありました。

    姑と一緒に暮らしていた頃のこと。朝起きたら姑の目の周りが腫れあがって真っ赤になっていたことがあり、

    その日、眼科に連れて行ったのですけど、本人が言うには、前の晩に泣き続けて涙が止まらなかったのだ、ということでした。

    軟膏と目薬を出してもらって帰ってきたんですけど、医師に「泣いた」って言ったんでしょうかね。

    何故 泣き続けたか、というと、

    それは私が言ったことが原因だったそうなのです。私は姑にショックを与えて泣かせてしまったんです。

    ひどい嫁でした。(なんてことは これっぽっちも思ってませんが)

    姑を泣かせてしまったことは、また続きを書きたいと思います。(目の調子が良くなってから)

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    関連記事
     
    Posted by