トイレを汚してそのままにしたら恥ずかしいと思う気持ちが大切

毎日のトイレ掃除はやってしまえば どうってことありませんが、さぁやるぞ!という気持ちになるまでが憂鬱な私です。

それぞれが汚したなら自分で掃除してくれたらいいのにな、乾いて硬くなる前にすぐに掃除すればかんたんなのに、と思います。

だけど、家の中の掃除は主婦の仕事、ということが当たり前になっていますので、当たり前のようにそのままです。

もう昔ながらのその当たり前の習慣は無くそうというCMキャンペーンでもやってくれたら嬉しいな、と、

トイレ掃除を30年以上やってきた主婦がしみじみと感じています。

a0960_006826.jpg

「トイレを汚したのを掃除せずに見られるのは恥ずかしいことだ。汚してそのままにしたのを見られる前に自分で掃除しよう。あの人が汚したんだな、と後ろ指さされないように掃除しよう。」

これが常識になれば、各々が掃除するのが当たり前になるのではないかと。


昔、用を済ませた後は必ず振り返って キレイに使用できたかどうか確認しなければいけない、

ということをどこかで教えられた記憶があるんですけど、それは女性だけなんでしょうかね。

(同じ女性でも姑は元気な時も気にしてなかったので、女性にかぎったことではないですね。)


姑と息子である夫は体質が似ていて、下痢状爆発が自分の好みの状態なのだそうで(汗)

その状態がいちばん気持ちよくてすっきりするらしいんですね。

この二人が家にいた時は、一日に何度もトイレ掃除をしなければならなくてうんざりでした。

今は約1名になったので、休日以外は1日1回の掃除で済んでいますが、その汚し方といったら・・・

これ、恥ずかしいと思わないのかなぁ、と毎回感じます。

私がいなくなったら誰がやるんだろう。代わりに掃除する人に申し訳ない、と思うので、

自分が死ぬ前までには、夫に自分でトイレ掃除ができるようにしていきたいです。

目指すは定年後、トイレ掃除指導をしたいと思っています。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事


  • このエントリーのカテゴリ: 日記