昨日、夫が駅のトイレで用を足した後、傘を忘れたらしいのですが、

    立ってするトイレのすぐ横に傘をかけるところがあって、そこにぶらさげたまま

    忘れたと言います。夫は これまでに何本 傘を忘れたかわかりません。

    思い出すのも嫌なので、すぐ忘れる事にしています。

    で、私が、またその駅に行って、傘を忘れたと駅員さんに言えば?と言ったら、

    そんなもん持って行かれてしまって あるわけないじゃないかと言います。

    しかし、駅や電車の傘の忘れ物っていうのは、

    多くの人が忘れた傘を回収にいかず、

    鉄道会社には忘れ物の傘が溢れてしまい、

    一定の期間が過ぎると売ってるわけです。

    それに、夫は、鉄道会社が売っていた中古の傘を買ったこともあります。

    持って行かれてしまったかどうかは わからないけど、

    一応行ってみたら?と言いましたが、

    そんな厚かましい事できない、と。←バカですね 何が厚かましいんでしょうか。

    傘を忘れた後、どうしたかと言うと、新しい傘を買ったのだそうで、

    1000円で安かったし、すごく丈夫ないい傘が買えたと自慢げでした。

    その傘を見たら、先日 私が近所のオッケーストアで買った698円の

    骨が16本のジャンプ傘と、長さもメーカーも全く同じものでした。

    別に安くないし、忘れないことのほうが大事でしょ。と言ったら、

    その言葉を無視し、

    すぐ近くにマルイがあって、傘を見に行ったら、2~3000円だったし

    駅前に売っていた傘は1500円だった。だから1000円は安い。だと。。。

    呆れてしまって、もうその話はやめました。

    この人は 新しい傘が好きで、傘は使い捨てするものだと思っているのだと、

    自分に言い聞かせました。



    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    関連記事
     
    Posted by