防災の日(9月1日)を前に経済産業省が

    トイレットペーパーの備蓄を呼びかけていたそうなのですが、

    私は、そのような呼びかけには全く気づきませんで、

    巷ではその呼びかけのために不気味がられ、地震がくるのか?などと

    不安が広がっていたそうです。

    そのようなことも、私は気づきませんでした。知らないで幸せだったかも。


    トイレットペーパーの備蓄に関しては、昨日、知りましたので

    遅ればせながら 本日、4パックほど買ってきました。

    万が一に備え1か月分を、ということで

    備蓄用のものが販売されているようですが、通常の普段使いのものを買いました。


    いちばん最近では、消費税が上がる少し前に、多くの人が買い占めて

    トイレットペーパーの在庫が不足し、困った事がありました。

    その後、しばらくしたら売り場に並ぶようになったので、あまり心配していませんでしたが

    考えてみれば、いつ災害が起こるかわからないし やはり備蓄は必要だな、と思いました。

    万が一のためとは言え、かさばるので置き場所に困ります。


    現在、トイレットペーパーの国内生産の約4割は、静岡県で行われており、
    万一、東海地震等で静岡県が被災した場合、
    トイレットペーパーが全国的に深刻な供給不足となるおそれがあります。


    と、書いてありました。

    国内生産の4割が静岡というのも知りませんでした。

    もしもの時は大変ですから備蓄は必要ですね。


    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    関連記事
     
    Posted by