名義を貸して借金を背負わされた息子の

    今月の借金返済は6回目になりますが、

    私に手伝いの要請は何も無かったものの 心配だったので

    それとなく聞いたところ、滞りなく済ませたとのことでした。


    息子に 「今日、何日だっけ?明日はもう11月?」と聞かれ

    なんだかんだ息子と話をしているうちに、

    30日の月と31日の月がよくわかっていないみたいなので、

    「にしむくさむらい小の月」って知らないの?と聞いたら、

    「何それ?」というのです。

    「じゃぁ、今までどうやって30日と31日の区別をしていたの?」 と、私、

    「運とか、ランダムとか、気にしたことないし 別に困らなかった」 と、息子。

    別に困らなかったと言うけれども・・・・・・。


    そうなのかな?本当に困らなかったのかな?と、考え込んでしまいました。

    私は今まで生きてきて、今月は○月で 小の月だな、って確かめた事が、

    数え切れないほどあったので、別に困らない、と言うことが信じられません。

    というか、知らないのはうちの息子だけ?やっぱりバカだから?なんて思ったけど、

    そんなことを教えてあげなかった母親がいけなかった、と反省しました。

    私は誰に教わったのだろう?・・・母なのか学校なのか 思い出せません。

    それで改めて息子に教えてあげると、

    「今度ゆっくり調べてみるよ」 と言って、話は終わりました。

    話が終わってしまったので仕方なく終わりましたが、

    今度ゆっくり調べるって、何を? って話ですよ。。。。

    会話が変なのですよ。


    日本人だよね?うちの息子って。と、

    私が産んだにもかかわらず疑ってしまいました。

    (後で夫に聞いてみましたが、夫も知りませんでした。)


    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    関連記事
     
    Posted by