今朝、夫の仕事現場のパートさんから親族の忌引き休暇の件の電話がありました。

    そのパートさんは早朝勤務なので、また夫がその人の代わりに

    3日ほど続けて早朝に入らないといけなくなりました。

    今晩から3日間の宿泊予約をとりました。

    出かける前に、「お金がほしい」と夫が言うので、

    この3日の宿泊はカード支払いだから、現金は必要ない、と言ったら、

    夫 「食事代などの生活費だ」

    私 「いくら必要?」

    夫 「2万円」

    私 「えー そんなに?」・・・・・

    実際にはそんなに必要じゃないはずですが、

    お財布にお金が入ってないと不安だからということでしょう。

    この夫は、お金の管理が得意ではないので、

    現金しか持たせていません。

    いざという時のためにカードを持たせたると、限度額いっぱい使ってしまいます。

    予備にお金を持たせれば、あるだけ使ってしまいます。

    世の中にはこういう人がいることを、結婚してから知りました。

    自分でもどうすることもできないらしいです。

    ですので、必要なお金しか持たせないのですが、

    3日間で2万円の生活費はないでしょうよ、と思うのです。

    しかし、怖い顔をしながら言うので、仕方なく 2万円渡しました。

    お願いだから節約してよー、と叫びたいです。

    正直なところ、

    ここのところの週2回の宿泊代金の立替払いがけっこうな金額になっています。

    会社から戻ってくるのは宿泊代だけなのに、

    夫はそれ以外の出費をするので、やりくりが苦しいです。


    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    関連記事
     
    Posted by