(これは、私の勝手な考えです。)

    お墓については、たくさん問題があります。

    誰がお墓の慣習を決めたんでしょうか。

    それは、やはり、お墓で食べてる人でしょう。

    お墓はこのままではどんどん増えて、キリがありません。

    狭い日本がお墓だらけになってしまいます。

    もうこれ以上、お墓はいらないんです。


    自分の親族をたどって、いちばん近いところのお墓に入れてもらいましょう。

    次男はダメとか、後妻だからダメとか、血がつながってないとか、

    嫌いな姑とは一緒に入りたくないとか、いろいろあるでしょうけど、

    親族なら、誰が入ってもいいことにしましょう。実家のお墓でもいいんです。

    もうお墓の常識なんて無視していいと思います。

    先祖代々親戚一同、みんな一緒に入ったらいいと思うのです。


    しかし、実際には、お墓には管理費がかかります。

    納骨の時にもお金がかかりますので、墓守をしている方に相談を持ち掛けなければなりません。

    タダで厚かましく入れて下さいっていうことは無理だと思います。

    でも意外と高い管理費もみんなで払えば、墓守の方も楽になります。

    将来、墓守がいなくなって管理費が支払われなくなると、そのお墓は無縁仏となり無縁墓に合葬され、お墓だった場所は更地にして また売り出されます。

    親戚一同が管理すれば、無縁になることを防げるかもしれません。

    これからは、お墓もそういう時代になっていいと思います。

    以上、お墓の常識を無視した発言でした。気を悪くした方、申し訳ありません。

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    関連記事
     
    Posted by