経営者に社員にならないかと言われ、しばらく考えていた息子ですが、

    「いろんなことを考えてたら、何もかも嫌になってしまった」と

    今朝、駅に向かう車の中で言いました。

    そりゃぁそうでしょうよ、と思いました。


    頼まれて断れないから、人助けだと思って始めた仕事。

    別にやりたい仕事だったわけではないし、

    儲かってないから低い時給で手伝い始めたけど、

    儲かり始めても時給を上げてもらえないし、

    人手が足りないからと、一昨日、昨日は15時間勤務になり、

    食事をする時間の10分以外は、休憩はほとんどなし。

    明日は休みだから、きょう1日は頑張れるけど。

    もしも社員になったら、明日の休みがなくなるのか、と思うと やってられない。

    なんとなく、いいように利用されてるみたいな気がする。

    体が疲れているので、どんどん滅入ってきてしまう。


    そうなのです。

    疲れている時にいろいろ余計な事を考えると、

    マイナス思考に陥り、疑心暗鬼になってしまうのです。

    だから人間は何も考えないほうが働けるのです。


    そして、競馬の馬みたいに 脇見ができないように、

    仕事だけに専念しなければならないように、

    長時間働かせ、疲れさせる。

    そんな働かせ方をさせる経営者がいるのも事実です。


    この店の経営者がどのような考えなのかはわかりませんが、

    もしも、そのような人間だったら、

    私は黙って見過ごすことはできません。

    大事な我が子の心身が壊れてからでは遅いですから。


    「無理だと思ったら 体を壊す前に辞めなさい」とだけしか、

    駅までの短い時間では言えませんでした。


    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    関連記事
     
    Posted by