息子が高校3年、あと1年で卒業という時に

    父親が単身で神奈川の会社に転職し、

    我が家は1年間、父親不在で転勤先の地方で暮らしました。

    息子の進路も決まり、卒業までの学校へ行かなくてもいい時期に、

    息子は近所の店でアルバイトに励んでおりました。


    ある夜中に、息子が突然、「ちょっと出かけてきてもいいか?」と聞くので、

    「いいわけないでしょ」と、私は答えました。

    かなりの時間、「出かける」「ダメだ」の押し問答をして、

    最後には激しく喧嘩となり、

    「どうしても行きたいなら、私を殺してから行け!」と言い、やめさせました。

    高校生が夜中に出かけて、何も良いことはないし、

    父親不在の時に、何かがあったならば私の責任になります。

    強い決意を持って 行かせませんでした。


    あきらめた息子は、「俺、脅されているんだよ」と言うのです。

    それなら尚更のことなのに、

    「金を渡せば、相手は満足するけど・・・」 と。


    何故、そういうことになったのか聞くと、

    中学の時の同級生で、不登校になり、その後不良となって

    高校も行かず、仕事もしない元同級生が自分が働いている飲食店に客として来た。

    その時は挨拶だけだったけど、その後に偶然また出遭った。

    昔のことを話したりしているうちに、

    身の上話になり、家庭不和から両親は離婚、そしてグレてしまった。

    働く場所もなく お金もない。

    人の同情を誘うような話を聞かされ、まんまと同情してしまい、

    お金を貸してしまったと。何度もお金を貸した。

    最初は可哀相なヤツだと思っていたけど、金目当てなんだということがわかってきた。

    だから、今呼び出されて、断りに行きたいんだ、ということでした。

    しかし、断るにもただでは済まされないかもと。

    「それなら後日、夜中ではない時間に、誰かと一緒に会うか、

     警察に相談したほうがいい」と言って、その日は終わりにしました。


    元同級生は、偶然出遭ったのではなく、待ち伏せていたのかもしれません。

    我が家に遊びに来たこともあって、自宅を知っていたし、働く店も知っていた。

    息子がバカでお人好しだということも知っていて、いいカモにされていた。

    夜中に遊ぶお金がなくなって、息子を呼び出したのかもしれません。



    月日は流れ、私への報告は、ずーっとあとでした。

    私もそのことは忘れていました。

    なんとはなしに、あんなことあったねという話になって、息子は話しだしました。


    あの日の後、息子はその子とその仲間、5人に待ち伏せされたそうです。

    海の近くの倉庫のようなところへ連れて行かれ、(ドラマのようですが)

    金を出すように言われ断ると、6人が相手だぞ、と脅されたそうです。

    その時息子は、「あぁ、俺はこれで終わりかもしれない」と思った。

    だけど、やるしかないので、無我夢中で戦ったと。


    そしたら、6人を倒してしまったそうな。

    相手にならないほど弱かったらしいです。

    でも、中学の時に柔道部だったので、つい柔道の技をつかってしまったとか。

    なんとか無事に逃げ帰って、その後、相手からの連絡はなくなったと言います。


    息子はあの日の夜中以降、何も話さなかったので、何事もなかったと思っていました。

    しかし、ずーっとあとで そんなことがあったと知らされ、

    驚いたの 胸を撫で下ろしたのなんのって、よく無事でいられたなと思いました。

    騙されやすく、悪いことに巻き込まれやすいバカな息子。

    なんとか無事に生きていってほしいと願うばかりなのです。

    そんなこんなで、私はたぶん 死ぬまでバカ息子の心配をしていると思います。


    昨夜、息子は無事に帰ってきました。

    夜中に久しぶりの友達に呼び出され、酒を飲んだりカラオケに行ったりして一晩過ごし、

    そのまま仕事に行ったと言っていました。


    無事でよかったです。

    友達からの連絡が嬉しくて舞い上がってたのかもしれませんが、

    ちょっと、メモを残すとかメールをするとかしてほしいもんです。

    息子は、行ってきますって言ったよ、と言うのですが、そんなの聞いてませんからね。


    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    関連記事
     
    Posted by