尊厳死について、ちょっと調べてみましたが、日本尊厳死協会の尊厳死の宣言書を書いて登録すると、無用な延命治療を拒否することを宣言できる。
    しかし、100%の法的効力はない。(日本尊厳死協会に入会するには会費が必要。公正証書による尊厳死宣言書を作成するにも費用が必要。)

    と、なんと、まぁ、これって意味あるの?と思ってしまいました。

    日本尊厳死協会のHPを見てみたら、コラムで「0葬 あっさり死ぬ」という本が紹介されていました。


    ●内容紹介

    ベストセラー『葬式は、要らない』から4年。

    時代は進み、いまや年間死者数160万人時代、到来。

    そんななかで、自身の葬式や墓をどうするかで悩む日本人が ますます急増中。

    そこで、自然葬(散骨)を推進する 「葬送の自由をすすめる会」の会長を務める著者が、

    あっさり死ぬためのマイ自然葬、 そして死の究極の形である「0(ゼロ)葬」を提唱する。

    「葬式も墓も要らない」という人のための、 迷惑をかけない死に方入門。

    自然葬を超えた「0(ゼロ)葬」で、 悩める日本人の“死後の不安"は一挙解消!

    ●団塊の世代が、死の“適齢期"に。

    ●中江兆民や夏目漱石も、自身の葬式や墓は要らないと主張した。

    ●人が一人死ぬと、かかる費用は葬式と墓を合わせて平均500万円以上。

    ●一方、病院から火葬場に直行する「直葬」は、いまや関東地方では約4分の1に。

    ●葬儀は業者に頼らずできる。たとえば、棺桶も通販で売っている。

    ●「マイ自然葬」とは、業者に頼らずに自身で散骨を行なうこと。

    ●そして究極の葬り方として、火葬場で遺族が遺骨を引き取らない。それが「0(ゼロ)葬」

     ……ほか。

    とても興味深<い内容となっておりますが、見出しだけ読んで充分な気もします。

    コラムの中で、コラムの筆者さんが、

    「火葬場で遺骨を引き取らないことが可能なのか。

    自治体運営の火葬場では、条例で火葬依頼者は焼骨を引き取らねばならない定めがある。

    しかし民間を含めて申し出があれば引き取らなくても構わない所があり、

    どうやら近年増えているというのだが。」と書いています。


    私の知らないところで(タダの無知ですが)時代の流れというか、こんなことになっているとは・・・

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    関連記事
     
    Posted by