古くなって住みたくなくいような住宅は余っています。さびれてしまった町なかの古い空き家も所々で見かけます。

    公営住宅も最近では余ってしまって、外国人が多く移住して困ったことになっている団地もあるんだとか。

    個人的には、どうせ外国の方に貸すなら、反日感情を植え付けられてる人より親日の人に貸したほうがいいんじゃないかな、と思いますが。
     
    地方にも空き家はいっぱいあるようで、空き家バンクというものもあるそうです。

    民間だと空き家ビジネスというのもあり、古い空き家をきれいな状態にして貸し出したり、シェアハウスとして貸し出したりしてるそうです。

    古くて人気がない住宅でも、それなりに高額な家賃だから、ますます空いてしまってるんじゃないでしょうか。
    安くすればいいじゃないの、と勝手に思っていますが、いろいろと問題があるのでしょうかね。

    老後の住まいは、安ければどんな住宅でもいいというわけではなく、車を手放すのだったら、駅から近い方がいいし、更に言うなら、レンタカー屋さんが近くだったらもっといい。不便な場所より便利な場所がいいし・・・(役所、銀行、病院、買い物の場所が近いとか)

    しかし、

    そういった便利な場所は、老後に限らず若い人にも人気だから無理ですね。家賃も高いです。困りました。
    古くて安い、暮らしやすい物件を、今から探しておくことにします。

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    関連記事
     
    Posted by