ガンは生活習慣病であり、免疫力低下により発症すると言われています。

    体温が低下すると免疫力も低下するそうです。

    また、ガン細胞は35度で一番増殖し、39.3度で死滅するらしいです。

    ということは

    風邪やインフルエンザで発熱した時は、ガン細胞を死滅させるチャンスではないですか。

    インフルエンザなどで発熱した場合も、ウイルスは高熱で死滅するので解熱剤は飲まないほうが治りが早いといいます。

    発熱すること自体が防御反応なのですから薬は不要ということです。

    1年に1度くらい熱を出して寝込むのは、体にとっていいことなのかもしれません。

    とはいえ、風邪を引いて寝込むのは、年をとったら辛い事ですから、普段から免疫力を高めるために 体を温める とかたくさん笑って ストレスを貯めない とか、適度な運動、適度な睡眠、適度な栄養をとる などの地道な努力を積み重ねていきたいものです。

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    関連記事
     
    Posted by