「アルツハイマー病が劇的に改善した」----------
    ---米国医師が見つけたココナツオイル驚異の効能 ----

    ココナッツオイルがアルツハイマーに効果があるということを、夫が本で読み、さっそく夫が自分で買ってきました。

    何か自分で気になることでもあるのかしら?と思いましたが、私としても夫が認知症になったら困りますから自分でいろいろ学んでくれることは有難いです。

    ココナッツオイルは症状を改善することもできるし、予防にもなるらしく、また、ダイエットや生活習慣病の予防にもなるということで、よく売れているようです。

    夫はデパートや食料品店など、探したけどなかなかみつからなくて、結局、輸入食材を売っている、「カルディ」というお店で買えたそうです。

    それで、夫は、まず、朝食のサラダにドレッシングとココナッツオイルをかけて食べていました。

    夜、帰宅したら、「今日はココナッツオイルの効果がすごかった。」と言うので、えー?ひょっとして、アルツハイマーだったの?と思って ドキドキしながらよく聞いたら、便通がすごくて電車に乗っていたら便意を催して途中で電車を降りてトイレに駆け込んだという話でした。

    (はぁー・・・そうでしたか・・・・・お通じがよくなって よかったですよ。えぇ。)

    実はアルツハイマーであることを妻の私に隠していたのかと、余計な心配をしてしまいましたが、そういうことじゃなくてよかったです。

    ココナッツオイルは便秘にも効果があるそうです。

    日本人には、あまり馴染みのない油ですけど、これからどんどん消費が増えることでしょう。

    だけど、ココナッツオイルを常用しているフィリピンの人は 寿命が短いみたいですよ。

    認知症になる前に亡くなってしまうとか・・・

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    関連記事
     
    Posted by